admin admin List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青年のための読書クラブ青年のための読書クラブ
(2007/06)
桜庭 一樹
図書館で借りた
星星星

年のための読書クラブは、柔らかなクリーム色の制服を身にまとった頃の清楚でおだやかな良家の女学生たちのなかで、どこか、すこしばかりずれた少女ちが集う、旧校舎の裏の、雑木林のそのまた裏の、崩れかけた赤煉瓦ビルの3階の、廊下の一番奥の、赤黒いドアにかかった古い木の看板に「読書倶楽部」と書かれた、やはり校内でも“変な奴ら”のたの集まりと認識されている、そんな部活である。
彼女らは、こ壊れた地球儀や、古びたドレス、それに古い本、などなどがごちゃごちゃとある部室に静々と通い、古びたティーカップで紅茶をすすりながら、思い思いのアンティークの椅子に座り、書に耽っている。
なお、この文章は、読クラブについての説明であり、この本の本質、つまり聖マリアナ学園の正史には残らぬ、もうひとつの歴史、暗黒の歴史についての説明ではない。そちらのほうはぜひ、この「青年のための読書 」を読んで、理解していただきたい。



今日のpokaの調子
pokaモニョっとしてる

ランキングに参加しています。
pokaの「モニョっとしてる」に共感が持てたら、
クリックしてくださるとうれしいです。


スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 LIONHEART―ライオンハート―, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。