admin admin List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新本格魔法少女りすか3 (講談社ノベルス ニJ- 18)新本格魔法少女りすか3 (講談社ノベルス ニJ- 18)
(2007/03/23)
西尾 維新
お友達に借りた星星星星

「新本格魔法少女りすか」の第三弾。
りすか、好きです。
物語の展開っていうか、テンポよく進んで行って、
先を読まずにはいられなくなってしまう。

そんな今回の本書には、前作の

この本のあらすじを決して人には話さないでください。


という言葉の代わりに、

魔法でできることは魔法でなくともきっとできます。


と書いてありました。

というわけで今回のあらすじは…

あらすじ
心に茨を持った小学五年生・供儀創貴と、“魔法の国”長崎県からやってきた転入生・水倉りすかが
繰り広げる危機また危機の魔法大冒険!
“最後の一人”から驚愕の誘いを受けた
創貴は――!?
これぞ「いま、そしてかつて少年と少女だった」
きみにむけて放つ、“魔法少女”ものの長最前線、
〈りすかシリーズ〉第三弾!
魔法は、もうはじまっている!


第七話 鍵となる存在!!
第八話 部外者立入禁止!!
第九話 夢では会わない!!


創貴、りすか、ツナギの三人は、
この、小学五年生(だったりなかったり)の夏休みを利用して、
福岡のキャンドルシティ博多に来ている。
どうやらここで、『六人の魔法使い』の二人目、
『回転木馬』、地球木霙が目撃されているという情報を、
城門管理委員会謀報部がキャッチしたのだった――


前回、ツナギに創貴は、
りすかちゃんを今までのように無茶な戦略において駒のように使っていたら、
いつかはりすかちゃんを失う――
というようなことを言われましたが、
それで、創貴はすこし、もうすこし、
りすかを大切にしなければ…と思ったのか
りすかに無理をさせないため、
(実際すごく無理な状況ではあったのですが)
一旦引いて、相手の思い通りにさせておく
という作戦を取ろうとするのですが…

しかし、今回はりすかが、
負けず嫌いの根性というか信念というか
本当の気持ちを初めて創貴にぶつけたお話でした。

以下、りすかの言葉。
引用したくなるほど徹底的だ。


「駄目なの」

「キズタカ……キズタカ。
それは――駄目なの。
ただの戦略の一環なんてキズタカは言ったけれど――
降伏だし負けなのが、そのやり方なの」

「負けを認めるキズタカなんて、
絶対に見たくないのがわたしなの!」

「もしもそんなな情けない真似をするというのなら――
私の目の前から消えるのが、キズタカなの。
そんなキズタカに――わたしは用はない」
「傲慢で強情で手前勝手で自己中で、
我儘で冷血漢で唯我自尊で徹底的で、
とにかく直接的で短絡的で自信過剰で、
意味がないほど前向きで、
容赦なく蹴躇なくどこまでも勝利至上主義で、
傍若無人で自分さえよければそれでよくて、
卑怯で姑息で狡猾で最ッ悪の性格で、
優しさなんて言葉っから知らなくて――
そういうキズタカにわたしはついてきたの!
一旦頭を下げてまで生き残ろうだなんて――
キズタカから格好いいところを抜いて、
何が残るって言うの!
勝利のための――目的のための作戦なら、
いくらでも従うのがこのわたしなの――
今までだってそうしてきたし、これからだってそうしていくの――
でも、今のキズタカは違う!全然違う!
今のキズタカは、ただ負けている――
水倉鍵っていう、あの子に、ただ力負けした――
それを認めるのが嫌だから、
賢い振りをしようとしている――
そんなのは駄目だ!
そんな程度で、そんな程度の小賢しさで――」

「みんなを幸せになんか、できるもんか!」





ランキングに参加しています。
pokaの「しあわせ、かみしめ中」に共感が持てたら、
クリックしてくださるとうれしいです。

スポンサーサイト
テーマ:ライトノベル書評 - ジャンル:本・雑誌


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 LIONHEART―ライオンハート―, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。