admin admin List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CHICAライフCHICAライフ
(2008/06/27)
島本 理生
星星星星

付き合うのは問題のある年上男(「問題のある男」)ばかり。幽霊が見えるダンサーの母(「幽霊VS.母の話」)を反面教師に、恋愛の相性が完璧な弟(「弟コンプレックス」)を可愛がってみたり、引きこもる“ゲーマー”の彼と同棲(「オタク(?)の生態」)してみたり。まともなのは島本さんだけなのか、それとも…?『ナラタージュ』の切なさはどこに?恋愛小説の名手・島本理生のリアルワールド。


島本理生の初エッセイ集。
えっ…島本さんってこんな人だったの!?


「CHICAライフ」は私の友達にも大変好評で、
それはもう、男の子がマンガをまわし読みする要領で
私の周りをぐるぐると回っている。

彼女の小説を読んだことのない人や
普段そんなに本を読まない人にも好評のようで、
ぜひ小説も読んでね!とくに「ナラタージュ」!!
と宣伝中…


この、「CHICAライフ」を読んでから
私は小説以外・エッセイの類にハマり始めたようで、
三四郎はそれから門を出た三四郎はそれから門を出た
(2006/07)
三浦 しをん
星星
を皮切りに、

さらには…
石田衣良の人生相談室―「答えはひとつじゃないけれど」石田衣良の人生相談室―「答えはひとつじゃないけれど」
(2008/07)
石田 衣良松田 奈緒子
星星星
う~ん、これはちょっと
私にとってはスパイスが効きすぎたか。

いや、しかしこんなのなんかも読んで見ると、
なかなかエッセイというものにハマってしまうのであった。

いつも読んでいる小説家が書く
エッセイを読むというのも
いろいろと発見があって面白い。

とくに島本さんはそれが顕著な例だと思う。
とにかく驚きの連続であった。
でも、島本さんも小説家といえども
フツウの(?)女の子なんだっていうことがわかって
ちょっと安心したのだった。


けれど、「三四郎はそれから門を出た」は別として、
だんだん私の読書傾向が
いわゆる“だめんず”についての方向に
近づいていくのは気のせいだろうか…

島本さんの小説に出てくる男性は、
性格は優しくおだやかで、
顔だってそれなりにかっこよくって、
頭だってそんなに悪くない。
だけど、何か決定的な欠点があって、
(つまりちょっとした(?)“だめんず”!?)
それでもなお女の子のほうは彼が放って置けなかったり、
自分が傷つきながらも
好きだから尽くしてしまっていたりするような気がする。
(もちろんそうばかりとは限らないが…)
そう考えると、このエッセイも小説に通じるところがあるのかもしれない。

――と、共感している私も実はと・て・も危ないのかもしれない!

「CHICAライフ」と「石田衣良の人生相談室…」の
それぞれの巻末GIRLS TALK/スペシャル対談における
それぞれの著者×おかざき真理さんの対談は
とても興味深いものであった!

次あたりは「だめんず・うぉ〜か〜」でも読んでみるかな。

pokaランキングに参加しています。
  クリックしてくださるとうれしいです。
スポンサーサイト
テーマ:エッセイ/随筆 - ジャンル:本・雑誌



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2008 LIONHEART―ライオンハート―, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。