admin admin List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青い鳥青い鳥
(2007/07)
重松 清
図書館で借りた
星星星星

My teacher cannot speak well.
So when he speaks,
he says something important.


青い鳥
目次

ハンカチ
ひむりーる独唱
おまもり
青い鳥
静かな楽隊
拝啓ねずみ大王さま
進路は北へ
カッコウの卵


この本全体を覆っている、なんだか黒っぽくい、でも、心温まるような、
そんな空気が、村内先生のすべてをあらわしていた。
もっさりしてて、おじさんくさくて、おなかが出ていて、
「カ行」と「タ行」は苦手だけど、
一人ぼっちの生徒のところにやってきては、
「間に合ってよかった」とって、どこかへ行ってしまう。
みたいにね。
先生がいてくれてよかった と思ったら、
来週からはほかのところへ行かなくちゃならないのだという。
きみみたいに一人ぼっちのね。

みんな(村内先生は“みんな”が嫌いといっていたけれど、
この場合は本当に“みんな”であってほしいんだ)
ほんとうにみんながこの本を読んだら、
この世の中からは、“ひとりぼっち”や“いじめ”が
なくなるんじゃないかなと思った。



pokaランキングに参加しています。
  クリックしてくださるとうれしいです。
スポンサーサイト

アンジーは今、ニューシングル「手紙」のプロモーションで、
で…伝書鳩のように(?)全国を飛び回っている最中です。



さて、福岡にもアンジーがやってきてくれました。
2008/08/21(木) SMASH WAVE@FM FUKUOKA
           CATEGORY T.T.@CROSS FM

ニューシングル「手紙」が出来上がった経緯――
自分が、未来の自分へ宛てて書いた手紙のことや、
手紙~拝啓 十五の君へ(初回生産限定盤)(DVD付)手紙~拝啓 十五の君へ(初回生産限定盤)(DVD付)
(2008/09/17)
アンジェラ・アキ


その後に発売の、TODAYツアーのDVDのこと。
アンジェラ・アキ Concert Tour 2007-2008 “TODAY”アンジェラ・アキ Concert Tour 2007-2008 “TODAY”
(2008/10/01)
アンジェラ・アキ



ファンクラブのZeppツアーも楽しみ


それから今ブーム(?)の血液型の話、
(といってもアンジーはずいぶん前から、血液型の話が好きで、
仕事仲間とはよく血液型の話で盛り上がるのだと
岡山かどこかのラジオで話してたけどね。)

ちなみにアンジーはA型だそうで。
アンジー独特の“血液型観”はとっても興味深いの!
(O型を“おおらか”って言ってくれてありがとう!
いつも“O型はオーザッパ!!”
で片付けられるのが気に食わなかった私


それからそれから、夏バテの話。
「夏はやっぱりビールっしょ!!」

福岡の居酒屋はどこに入ってもおいしい!
ハズレがない!レベルが高い!
と、福岡の居酒屋がお気に入りのよう


――といった感じのアンジートークでした。
いつかのアンジーのビールダンスがまた観たいわぁ


そのときの模様を少しだけ「CATEGORY T.T.」の
ダイアリーで見れるようです
CATEGORY T.T. PROGRAM DIARY

ランキングに参加しています。
クリックしてくださると励みになります。

医学のたまご (ミステリーYA!) (ミステリーYA!)医学のたまご (ミステリーYA!) (ミステリーYA!)
(2008/01/17)
海堂 尊
図書館で借りた
星星

久しぶりの海堂さんです。
――でもないか。

海堂さんの本は私の周りでも(もちろん周りでなくても!)
とっても人気で、面白いと評判ですが、
今回のこの本はいつもとはちょっと違って、
主人公が、者や医学生ではなく
生の“僕” 曽根崎 薫くんなです。

そんな、“僕”が、おなじみ
「東城大学」の医学部に入ることとなり、
まさしくお医者さんのまご!?と思いきや、
宿題が分厚い医学書10冊!!
と初っ端からひるんでしまったり
実は“僕”はフツウの中学生なんですね。

研究室に入ったけれど、
先輩・スーパー高校生医学生の佐々木さんは何だか冷たいし、
藤田教授はるで、ややこしくてきたない手を使う大人の世界の縮図のような人だし――

“僕”は中学校と大学の勉強がとても忙しいが、
なんとかうまくやっていっているかのように思えたのだが…。

 「世の中で一番大変なのは、ールの見えない我慢だ」と、
パパは言った。


今日のpokaの調子
poka日々これ修行

ランキングに参加しています。
pokaの「日々これ修行」に共感が持てたら、
クリックしてくださるとうれしいです。

図書館戦争図書館戦争
(2006/02)
有川 浩
図書館で借りた
星星星星

ずっと読みたい読みたいと思っていて、
やっと読むことができました。

タイトルを見て、どんな本なんだろう~と
想像を膨らますだけ膨らませておいたけれど、
実は表紙のイラストのまんまのことが起こっているなんて――

書館戦争というタイトルは正しかったのですね。

いえ、こんなことをきたいわけではないのですが。

しかし、私、有川さんの本はたぶんきっと、初めて読むんだけれども、
何だか好きになってしまいそう。
特に、この本の主人公・笠原 郁と、その直属の上司・堂上 篤との件なんかもう最高で!
それから手塚君もはずせませんな。

私も学校の係で、図書委員になったことが何度かあるけれど、
こんなにハードじゃあなかったわ。(当たり前ですが…)


正化三十一年――図書館とメディア良化委員会の双方が軍隊を持ち、
メディア良化法に対して図書館の自由を――!
も免れない事態のようです。

pokaランキングに参加しています。
  クリックしてくださるとうれしいです。




| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2008 LIONHEART―ライオンハート―, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。