admin admin List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジーン・ワルツジーン・ワルツ
(2008/03)
海堂 尊
図書室で借りた
星星星


桜宮市・東城大学医学部を卒業、東京・帝華大学に入局した32歳の美貌の産婦人科医、曾根崎理恵―人呼んで冷徹な魔女(クール・ウィッチ)。顕微鏡下人工授精のエキスパートである彼女のもとに、事情を抱えた五人の妊婦がおとずれる。一方、先輩の清川医師は理恵が代理母出産に手を染めたとの噂を聞きつけ、真相を追うが…。

産婦人科医・理恵。人呼んでクール・ウィッチ。彼女はヒトの生命をどこまで操ることができるのか。現役医師作家が日本最大の医療問題に挑んだ感動作。

久しぶりに本を読みました。
ご存知、現役勤務医・海堂さんの小説。

今回は田口(愚痴外来)や白鳥(厚生労働省大臣官房秘書課付技官・医療過誤死関連中立的第三者機関設置準備室室長)は残念ながら登場しません。


今作の主人公である理恵はそれらの問題に立ち向かうべく、
自らの職や、(まさしく)体をもって行動する。
人工授精、代理母出産―など、現代の産婦人科にあるさまざまな問題をはらむ作品。

専門的なことは置いておくとして、(何しろ私は文係であるし…
海堂さんの小説は、テンポよく読めて好き。
途中でなんて止められなくて、夜更かししてでも読み終えてしまいそうな―
読みやめたら、続きが気になって仕方がない―
そんな小説です。

ジーン・ワルツ



今日のpokaの調子
poka可もなく、不可もなく

ランキングに参加しています。
pokaの「可もなく、不可もなく」に共感が持てたら、
クリックしてくださるとうれしいです。

スポンサーサイト
テーマ:本の紹介 - ジャンル:小説・文学



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2008 LIONHEART―ライオンハート―, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。