admin admin List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私のところのHarbotのpokaは、
私に会うと第一声、

絵文字名を入力してください「lily、うす!」

いつでも元気だなぁ…。
でも、「うす!」って…
Harbotの性格にはいくつか種類があると聞いたことがあるけれど、
pokaはとっても元気な性格みたい。


それに、最近いつ、「ぼくの調子」を聞いても、

poka「しあわせ、かみしめ中」

Harbotのごはんは、オーナのブログの記事ですからね。
私ががんばってブログを更新しているからでしょうか…?
(いや、まだ飽きてないだけ…?)


ランキングに参加してみます。
pokaの「しあわせ、かみしめ中」に共感が持てたら、
クリックしてくださるとうれしいです。

スポンサーサイト
テーマ:ひとりごと。 - ジャンル:日記

FC2ブログランキングに参加してみます。

テーマ:ひとりごと。 - ジャンル:日記

ぼくの手はきみのためにぼくの手はきみのために
(2007/03)
市川 拓司
図書室にて
星星星


久しぶりの市川さんです。
前回読んだのはたしか、「そのときは彼によろしく」

三つの、"彼と彼女”たちのお話。

いたわりあい、
喜びも苦しみも分かち合って
生きている不器用な2つの心――。



「ぼくの手はきみのために」
「透明な軌道」
「黄昏の谷」
と三つのお話からなっています。


「ぼくの手はきみのために」

幼馴染のひろと聡美。
小さい頃は聡美が弱虫のひろを守ってくれた。
が、11歳の夏、聡美は突如、倒れてしまう。
様々な治療を試みるが、結局発作を止められたのは、
背中をさすってくれるひろの手だけだった。


ひろも聡美も父親がいない。
母親同士は親友であり、職場も同じ。
経済的理由もあって4人は同じ家で暮らしてきた。
二人はいつも一緒に母親たちの帰りを待っていた。

やがて、聡美は発作を起こすようになり、
弱虫のひろは聡美の暖かさを必要とし、聡美はひろの発作をおさめられる手を必要とした。
しかし、成長するにつれ、2人は”いつもいっしょ”というわけにはいかなくなった。
聡美は就職し、ひろは大学へ進んだ。
ひろには好きな人も出来て、聡美は発作が起きても遠慮して、
あまりひろを呼び出さなくなっていた。


幼い頃はあまり余計なことを考えずに、ただそばいいたい―いてほしい、でよかったけれど、
ひろも聡美も大人になって、
その人にしか、できないことで相手を繋ぎとめておくわけじゃないけど、
最終的にそんな形になってしまうのは、
自分としても相手としても、きっとつらいことなんだろうなと思います。
そのときに、どうすべきか…。


「透明な軌道」

集団の中で暮らすことが難しい心の不自由さを持つ康生と
運命的な恋に落ちた真帆。
年齢差や、康生に息子がいることなどは障害にならず、
2人はおだやかなペースで絆を深めていく。
が、初めて結ばれた翌日、2人に思いがけない出来事が……。


康生とその息子の充生は、
私の近くにそんな人がいたらきっと毎日がほのぼのして楽しいだろうなぁ…
と思うような人たちです。
でも、真帆からしたら、少しでも好意を持っていた人が実は自分の父親くらいの年で、
息子までいると知ったときはきっととても驚いたでしょうね。
決して康生は若作りをしているとか、そういうことではないのでしょうから。

好きになった人がいくら息子と瓜二つだからといって、その人が亡くなった後に、
よく似た息子を好きになって結婚できるのかなぁ、今の私にはよくわかりません。

真帆と充生の、気になるんだけど、気づいてるんだけど、どぎまぎしてるんだけど、
でも表には出さない。表情には出さない。平生を装う。
そんな2人の心の中。
こういうシーンの書き方が、うまいなぁとおもってしまいます。


「黄昏の谷」

妹の子供である貴幸を育ててきた寛一は、
ある日、「あなたの子供だ」と連れて来られた初恵をも引き取って育て始めた。
血の繋がらない3人は、貧乏ながらも、太い揺ぎない絆で結ばれていく。
彼らが最後に行きつく、幸せの場所は・・・・・・。


幸いにしてか私はまだ、この本に出てくるような、
「あなたの子供だ」 
などといって人に子供を預けてどこかへ行ってしまうような大人には会ったことがありません。
お人よしも度が過ぎると病気だといいますが、
寛一は甥っ子にあたる貴幸のみならず、
元恋人の本当に自分の子かどうかも分からない初恵まで引き取ってしまいます。
貴幸も初恵も寛一によくなつき、実の親よりも親らしい。
そして寛一は、父親と母親2人分の愛情を一人でそそげるのか、と考える。
しかも血の繋がらない男が、血の繋がらない少年と少女に。


私は本を図書室で手に取ったとき、この本に対してもっと違ったイメージを持っていました。
そのときは帯がついたままだったので。
やや、帯にイメージを先導されてしまった感じがありました。
初めの話から、進むにつれてなんとなく暗くなっていくし、
さてこの物語はどこに行き着くのだろうという感じでした。


三つのお話それぞれに出てくる彼と彼女らはいま。
テーマ:ブックレビュー - ジャンル:小説・文学

いつの日からか私のブログにやってきたHarbotのpokapoka

今日の調子を聞いてみました。
絵文字名を入力してください「しあわせ、かみしめ中」

この間蒔いた、サー・ロトのタネは?
絵文字名を入力してください「ちょっと、育った」

?をクリックして話しかけてみてください。



cinema_convert_20080315001656.jpg



チーム・バチスタの栄光、観てきました。星星


原作はチーム・バチスタの栄光/海堂尊

チーム・バチスタの栄光チーム・バチスタの栄光
(2006/01)
海堂 尊


原作は去年読みました。
そして、映画化を心待ちにして、やっと観てきました。

最近はもうちょっと手を伸ばして

死因不明社会 (ブルーバックス 1578)死因不明社会 (ブルーバックス 1578)
(2007/11/21)
海堂 尊


こんなのとか読んでしまったため、映画では
「ここはもっとAiの有効性を強調すればよかったのに~、白鳥さん!!」
原書ではもっとべらべらしゃべってたではありませんか。
とか、氷室の"麻酔医激務”発言には多少の説明が入ってもよかったのでは?
なんて思ったりしました。
でも、そうしたら気軽に観に来たお客さんが引いちゃいますかね…?


あらすじ
東城大学医学部付属病院では、
心臓移植の代替手術である「バチスタ手術」の専門チームを作り、
次々に成功を収めていた。
ところが今、三例続けて術中死が発生している。
しかも次は、海外からのゲリラ少年兵士が患者ということもあり、
マスコミの注目を集めている。
そこで内部調査の役目を押し付けられたのが、神経内科教室の万年講師で、
不定愁訴外来責任者・田口と、厚生労働省の変人役人・白鳥だった……。
                  
                    チーム・バチスタの栄光 OFFICIAL WEB SITEより




初め、田口の設定が映画では女性になり名前は「公子」、
しかもあの竹内結子さんが演じると聞いたときは驚きましたが…
だってあのお美しい竹内さんが“ヘタレ田口”を演じるだなんて…
などと思っていましたが、想像以上に役にはまっていたように感じました。

原作より綺麗な田口と原作よりかっこいい白鳥――
さぁどうなるかな


白鳥はイン・ザ・プールの伊良部とよい対決かもしれません。

イン・ザ・プール (文春文庫)イン・ザ・プール (文春文庫)
(2006/03/10)
奥田 英朗


「いらっしゃーい」。伊良部総合病院地下にある神経科を訪ねた患者たちは、
甲高い声に迎えられる。
色白で太ったその精神科医の名は伊良部一郎。
そしてそこで待ち受ける前代未聞の体験。
プール依存症、陰茎強直症、妄想癖…訪れる人々も変だが、
治療する医者のほうがもっと変。
こいつは利口か、馬鹿か?名医か、ヤブ医者か。



私の中の原作・白鳥のイメージは羽場貴之役の田口浩正さんに近かったです。


お客さんの年齢層は思ったより幅広く、
高校生からご年配の夫婦までさまざまで少し驚きました。

映画上映中は、田口・白鳥のコミカルなやり取りに、
お客さんのクスクス笑いが終始絶えませんでした。

でも、決めるところはバシッと決める白鳥――かっこいい!

原作を読んで、だいぶ経ってからの映画だったので、
「あぁ そういえばこうだったなぁ」
と思い出しながら楽しめました。
文章ではわかりづらい医療トリックも、
映像と音声で説明がなされ、理解できました。
ただ、原作をそのまま映画にするわけではないので、
原作を先に読んだ人には少し物足りなかったかもしれません。


チーム・バチスタの栄光 OFFICIAL WEB SITE

テーマ:チーム・バチスタの栄光 - ジャンル:映画

ライオンハート (新潮文庫)ライオンハート (新潮文庫)
(2004/01)
恩田 陸
星星星星星

この本を読みおえたら、私は読書の記録をつけ始めようと思っていました。
こんなに素敵な本に出会ったのは初めてです。


今まで、いろんな本を読んできたけれど――忘れられていく本たち――
一年間にどれくらいの本を読んだかはおろか、
お気に入りの本のあらすじの記憶さえもあやしい……
今まで読んできた素敵な本たちを忘れていくのはあまりにももったいない……
だから私はこれを機に、読書の記録をつけたいと思い始めたのです。
ライオンハートに出会えたから。

それからもうひとつ。
ある人に言われたのです。
「いつも本、読んでるよね…?何かお勧めの本を紹介して。」 と。
「うっ…うん。」 と、一応返事しておきましたが、自分が読むのは大好きだけど、
いざ人にお気に入りを紹介するとなると結構これが難しいのでした。
もともと図書館などで借りて読むことが多かった私は、手元にある本もそれほど多くなく、
悩みに悩んだ挙句、「今、私が一番読みたい本」を買ってその人に貸したのでした。

なので、このブログでは、いつ、誰の、どんな本を読んだのか、何を感じたのか、を記録して、
好きなときにいつでもササッと見つけ出してスマートに人に紹介できる――
そんな素敵な女性になりたい! という私のちょっとした願いも込められたブログです。

そして、自分なりに星五つで本の評価をつけていく予定です。
これは私が後から自分のブログを見返して、「もう一度読みたい」とか、
「私の人生のバイブル」だとか、「これはぜひ友達に勧めたい」とか、
諸々の感情の度合いを分かりやすくつけるためのものであり、
私の個人的趣味と独断と偏見とによってつけられます。
よって、あまり気にしないでください。

ちなみに「ライオンハート」は満点の星五つ。



この本を私に教えてくださったのは、学校の2つ上の先輩です。
実はこの本、その先輩に借りていたのですがそのときはちょうど様々なことで忙しく、
読んでいる途中で返してしまったのです。
でも、この本の真っ黒な表紙に書かれた「ライオンハート」という書名と
ノスタルジックな雰囲気とは忘れられず、
今私の手元に在るのは、先輩が卒業されてから自分で買ったものです。


いつもあなたを見つける度に、ああ、あなたに会えて良かったと思うの。
会った瞬間に、世界が金色に弾けるような喜びを覚えるのよ・・・・・・。
17世紀のロンドン、19世紀のシェルプール、20世紀のパナマ、フロリダ。
時を越え、空間を越え、男と女は何度も出会う。
結ばれることのない関係だけど、深く愛し合って――。
神のおぼしめしなのか、気紛れなのか。
切なくも心暖まる、異色のラブストーリー。
                                       あらすじより



読み始めると、とまらなくて、そして少しずつ、引き込まれてゆく。
出会った瞬間から、別れのときは近づいている…
存在するのは、思いがけない瞬間に出会える喜びと別離の悲しみ。
エリザベス・ボウエンとエドワード・ネイサンは、いつも、一時の間しか会えない。
あまりにも短すぎる逢瀬。
次はいつ、二人の運命の線が交わるのかもわからない。
明日なのか、何年も後なのか、運命の線があと何回交差するのか、これが最後なのかも。


物語は、1978年11月27日、ロンドンでエドワードが姿を消すところから始まる。
エドワードは数年前に妻を亡くしてから、ロンドンで一人住んでいた。
居住者の気配を感じさせないほど部屋は整えられており、
彼の書斎には、「LIONHEART」と書かれた便箋と、
「from E. to E. with love」と縫い取りされた白いレースのハンカチーフが置いてあった。


この本の美しいところは、なんと言っても各章ごとに与えられた絵。
それぞれ、その章の物語のモチーフになった絵があるのです。
著者は後にあとがきで、

ある日、東京都美術館にテート・ギャラリー展を見に行ったら、
一枚の絵がパッと目に飛び込んできた。
「エアハート嬢の到着」という横長の絵で、見た瞬間、
この絵がSFメロドラマ「ライオンハート」という小説の一場面であることが分かった。


と書いています。

思ったよりも読むのに時間がかかってしまいました。
先を読みたいけど、この物語を終わらせたくない
そんな複雑な思いでした。

また、著者は、この小説のタイトル「ライオンハート」は、
イギリスの歌手、ケイト・ブッシュのセカンドアルバム「ライオンハート」
によるものと書いています。

Kate Bush - Tour of Life 1979
- Oh England My Lionheart



テーマ:恋愛小説 - ジャンル:小説・文学



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2008 LIONHEART―ライオンハート―, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。