admin admin List
Selected category
All entries of this category were displayed below.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海堂尊さん原作の映画「ジェネラル・ルージュの凱旋」を観た。


星星星星

前回に引き続きおなじみの田口×白鳥コンビにだが、
二人は一年ぶりに再会してもやっぱりデコボコ・コンビだ。

今日はレディースデーの上に、
監督とヒロイン(!)の竹内結子さんの舞台挨拶がありとてもラッキー。

竹内さんのトークはなんだか、のほほん・ほのぼのとしてて、
映画のなかからそのまま抜け出してきた田口のようだった

映画本編は、白鳥の長台詞と田口の「……」によって、
とてもテンポ良く進んで行き、
もう一度観たい!と思わせるような映画だったし、
原作を読んだのが大分前のことだったので、
とても楽しめた。

pokaランキングに参加しています。
  クリックしてくださるとうれしいです。
スポンサーサイト
テーマ:この映画がすごい!! - ジャンル:映画

ひかりの剣ひかりの剣
(2008/08/07)
海堂 尊
お友達に借りた
星星


東城大の虎・速水と、帝華大の伏龍・清川がまだ医学生で剣道部員だったバブルの頃。2人のあいだに医鷲旗をめぐる伝説の闘いがあった。


大好きな海堂さんの新作。
今回の舞台は、
まだまだ速水や清川が医学生だった頃の医鷲旗を巡る剣道場。

バブル景気真っ盛りの1988年、東城大医学部剣道部の猛虎、速水晃一、帝華大医学部剣道部の伏龍、清川吾郎、剣の才能を持つふたりの男が、全存在をかけて戦う。そしてその戦いの陰には、帝華大から東城大佐伯外科に招聘された阿修羅、高階顧問の姿があった。医療ミステリーの旗手が放つ、初の青春小説。


の剣は海堂さん初のノン・医療ミステリーモノですね。
私は剣道ことは全くわからないのですが、がわからなくても楽しめます。

個人的には、
ひかりという剣道がとっても強い女の子が出てくるんだど、
主人公の二人が恋愛に走っていかないのがよかった。


この本は、海堂さん曰く
「ジェネラル・ルージュの凱旋」の速水×「ジーン・ワルツ」の清川の物語だけれど、
それぞれの“本当の物語は、その本の中だけできちんと閉じている”
ので、前の作品を読んでいなくても楽しめるようになっているそう。

海堂さんも剣道少年だったらしく、
学生時代に何をやったかと聞かれたら、
胸を張って「剣道」といえるのだとか。

海堂さんの「ひかりの剣」のインタビューが読めますよ。
文藝春秋 本の話 著者インタビュー

pokaランキングに参加しています。
  クリックしてくださるとうれしいです。
テーマ:ブックレビュー - ジャンル:小説・文学

医学のたまご (ミステリーYA!) (ミステリーYA!)医学のたまご (ミステリーYA!) (ミステリーYA!)
(2008/01/17)
海堂 尊
図書館で借りた
星星

久しぶりの海堂さんです。
――でもないか。

海堂さんの本は私の周りでも(もちろん周りでなくても!)
とっても人気で、面白いと評判ですが、
今回のこの本はいつもとはちょっと違って、
主人公が、者や医学生ではなく
生の“僕” 曽根崎 薫くんなです。

そんな、“僕”が、おなじみ
「東城大学」の医学部に入ることとなり、
まさしくお医者さんのまご!?と思いきや、
宿題が分厚い医学書10冊!!
と初っ端からひるんでしまったり
実は“僕”はフツウの中学生なんですね。

研究室に入ったけれど、
先輩・スーパー高校生医学生の佐々木さんは何だか冷たいし、
藤田教授はるで、ややこしくてきたない手を使う大人の世界の縮図のような人だし――

“僕”は中学校と大学の勉強がとても忙しいが、
なんとかうまくやっていっているかのように思えたのだが…。

 「世の中で一番大変なのは、ールの見えない我慢だ」と、
パパは言った。


今日のpokaの調子
poka日々これ修行

ランキングに参加しています。
pokaの「日々これ修行」に共感が持てたら、
クリックしてくださるとうれしいです。

ジーン・ワルツジーン・ワルツ
(2008/03)
海堂 尊
図書室で借りた
星星星


桜宮市・東城大学医学部を卒業、東京・帝華大学に入局した32歳の美貌の産婦人科医、曾根崎理恵―人呼んで冷徹な魔女(クール・ウィッチ)。顕微鏡下人工授精のエキスパートである彼女のもとに、事情を抱えた五人の妊婦がおとずれる。一方、先輩の清川医師は理恵が代理母出産に手を染めたとの噂を聞きつけ、真相を追うが…。

産婦人科医・理恵。人呼んでクール・ウィッチ。彼女はヒトの生命をどこまで操ることができるのか。現役医師作家が日本最大の医療問題に挑んだ感動作。

久しぶりに本を読みました。
ご存知、現役勤務医・海堂さんの小説。

今回は田口(愚痴外来)や白鳥(厚生労働省大臣官房秘書課付技官・医療過誤死関連中立的第三者機関設置準備室室長)は残念ながら登場しません。


今作の主人公である理恵はそれらの問題に立ち向かうべく、
自らの職や、(まさしく)体をもって行動する。
人工授精、代理母出産―など、現代の産婦人科にあるさまざまな問題をはらむ作品。

専門的なことは置いておくとして、(何しろ私は文係であるし…
海堂さんの小説は、テンポよく読めて好き。
途中でなんて止められなくて、夜更かししてでも読み終えてしまいそうな―
読みやめたら、続きが気になって仕方がない―
そんな小説です。

ジーン・ワルツ



今日のpokaの調子
poka可もなく、不可もなく

ランキングに参加しています。
pokaの「可もなく、不可もなく」に共感が持てたら、
クリックしてくださるとうれしいです。

テーマ:本の紹介 - ジャンル:小説・文学

cinema_convert_20080315001656.jpg



チーム・バチスタの栄光、観てきました。星星


原作はチーム・バチスタの栄光/海堂尊

チーム・バチスタの栄光チーム・バチスタの栄光
(2006/01)
海堂 尊


原作は去年読みました。
そして、映画化を心待ちにして、やっと観てきました。

最近はもうちょっと手を伸ばして

死因不明社会 (ブルーバックス 1578)死因不明社会 (ブルーバックス 1578)
(2007/11/21)
海堂 尊


こんなのとか読んでしまったため、映画では
「ここはもっとAiの有効性を強調すればよかったのに~、白鳥さん!!」
原書ではもっとべらべらしゃべってたではありませんか。
とか、氷室の"麻酔医激務”発言には多少の説明が入ってもよかったのでは?
なんて思ったりしました。
でも、そうしたら気軽に観に来たお客さんが引いちゃいますかね…?


あらすじ
東城大学医学部付属病院では、
心臓移植の代替手術である「バチスタ手術」の専門チームを作り、
次々に成功を収めていた。
ところが今、三例続けて術中死が発生している。
しかも次は、海外からのゲリラ少年兵士が患者ということもあり、
マスコミの注目を集めている。
そこで内部調査の役目を押し付けられたのが、神経内科教室の万年講師で、
不定愁訴外来責任者・田口と、厚生労働省の変人役人・白鳥だった……。
                  
                    チーム・バチスタの栄光 OFFICIAL WEB SITEより




初め、田口の設定が映画では女性になり名前は「公子」、
しかもあの竹内結子さんが演じると聞いたときは驚きましたが…
だってあのお美しい竹内さんが“ヘタレ田口”を演じるだなんて…
などと思っていましたが、想像以上に役にはまっていたように感じました。

原作より綺麗な田口と原作よりかっこいい白鳥――
さぁどうなるかな


白鳥はイン・ザ・プールの伊良部とよい対決かもしれません。

イン・ザ・プール (文春文庫)イン・ザ・プール (文春文庫)
(2006/03/10)
奥田 英朗


「いらっしゃーい」。伊良部総合病院地下にある神経科を訪ねた患者たちは、
甲高い声に迎えられる。
色白で太ったその精神科医の名は伊良部一郎。
そしてそこで待ち受ける前代未聞の体験。
プール依存症、陰茎強直症、妄想癖…訪れる人々も変だが、
治療する医者のほうがもっと変。
こいつは利口か、馬鹿か?名医か、ヤブ医者か。



私の中の原作・白鳥のイメージは羽場貴之役の田口浩正さんに近かったです。


お客さんの年齢層は思ったより幅広く、
高校生からご年配の夫婦までさまざまで少し驚きました。

映画上映中は、田口・白鳥のコミカルなやり取りに、
お客さんのクスクス笑いが終始絶えませんでした。

でも、決めるところはバシッと決める白鳥――かっこいい!

原作を読んで、だいぶ経ってからの映画だったので、
「あぁ そういえばこうだったなぁ」
と思い出しながら楽しめました。
文章ではわかりづらい医療トリックも、
映像と音声で説明がなされ、理解できました。
ただ、原作をそのまま映画にするわけではないので、
原作を先に読んだ人には少し物足りなかったかもしれません。


チーム・バチスタの栄光 OFFICIAL WEB SITE

テーマ:チーム・バチスタの栄光 - ジャンル:映画



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 LIONHEART―ライオンハート―, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。